人気・最新農機具

CO₂貯留・供給装置「agleaf (アグリーフ)」/フタバ産業(株)

公開日:2020.06.30

  • 特長:
  • 光合成促進
  • 燃料不要
  • 局所施用

トータルで業界最安値の1反用CO₂施用機

暖房機から出る排気ガス中のCO₂のみを貯留し、光合成促進に再利用する。エコで灯油燃料不要の次世代型CO₂施用機。

こんな人におすすめ

  • 収量アップをめざしたい方
  • ランニングコストのかからないCO₂施用をお探しの方
  • CO₂発生機の燃料代にお悩みの方

特 長

1.0円でCO₂を局所施用

暖房機の排気ガスに含まれるCO₂のみをタンクに貯留し、日中 作物の光合成が、必要な時間に貯めたCO₂を局所施用するシステム。
いままで捨てていたCO₂を再利用するため、CO₂にかかる費用は0円。

▲クリックで拡大

2.自動車技術で排気ガスを浄化

排気ガスに含まれる有害成分を、自動車の高い技術力で浄化するため、再利用するCO₂は高品質でキレイなものであり、食の安心、安全に繋がり、地球環境にも貢献します。
更に施用するCO₂は常温のため、灯油式とは違い、ムダにハウス内の温度を上げません。

▲クリックで拡大

3.効率よく光合成促進する局所施用

作物の畝に通す施用チューブから、直接群落内にCO₂を施用し、作物付近のみCO₂濃度を高めます。
そのため、一番濃度が下がる群落内の濃度低下を防ぎ、作物付近のみを最適なCO₂の量で光合成を行います。

▲クリックで拡大

4.通年使える!夏場は送風機

夏場の暖房機が動かない時期は外気同等の空気(CO₂濃度400ppm)を、群落内に送風し風通しが良くなり、カビ、病気等の抑制が期待できます。

機能性

【装置の構成】
  制御ユニット、動力ユニット、吸着タンク1個(増設可能)、室外ユニットの構成となります。

【各ユニット設置と機能】

●ハウス外側
室外ユニットを設置。排気ガスの冷却と浄化を行います。





●ハウス内側
制御ユニット、動力ユニット、吸着タンクを設置。制御ユニットが暖房機と連動し動力ユニットで、CO₂施用をコントロールします。吸着タンクは、増設しCO₂貯留量を増やせます。
市販のCO₂コントローラーと連動し濃度施用も行えます。

仕様

販売商品名 CO₂貯留・供給装置「agleaf (アグリーフ)」
メーカー フタバ産業株式会社
型式 FC2010(300坪用)
サイズ 制御ユニット:400×500×160(mm)
動力ユニット:410×610×750(mm)
吸着タンクユニット:600×600×900(mm)
室外ユニット:270×450×850(mm)
消費電力 電動送風機100w(3相200V 50/60Hz)
ブロア供給量 200L/min
施用チューブ
最大長さ
500m(300坪相当) ※住化農材 ネオドリップいいね006L使用時
外部連動 CO₂コントローラー(市販品)と連動可能
対象燃料 暖房機の燃料がローサルファA重油(LSA)のみ対応

価格

販売名 仕様 メーカー希望
小売金額(税抜)
定価(税抜)
CO₂貯留・供給装置「agleaf (アグリーフ)」
FC2010(300坪用)
500,000円



紹介動画

 ▲画像をクリックすると動画が再生します。

    


Facebook




Twitter