人気・最新農機具

UV-B電球型蛍光灯/鋼鈑商事(株)

公開日:2020.06.03

  • 特長:
  • 病害虫防除
  • 農薬削減
  • 作業効率化

紫外線により病害虫抑制

紫外線(UV-B光線)を発する電球形蛍光灯です。ハウス内で不足しがちな、植物に有効な紫外線を照射することで病気への抵抗力を活性化し、うどんこ病などの防除が可能です。

こんな人におすすめ

  • イチゴ栽培でのうどんこ病・ハダニ対策にお困りの方
  • 減農薬により安心・安全な栽培を目指しているが、病害虫対策が心配な方
  • 農薬散布の労力を減らしたい方
  • 環境制御により作物の品質向上を検討されている方

特 長

1. うどんこ病抑制

<間接作用による防除効果>
紫外線を照射する事で、植物の防御関連遺伝子を発現・活性化させる事により、植物本来の病害に対する抵抗力が向上、うどんこ病の発生を抑制できます。

2.ハダニ・糸状菌抑制

<直接作用による防除効果>
ハダニの卵へ紫外線を直接照射する事で、DNAを損傷させ孵化を抑制する効果があります。卵には直接UVBを照射する必要がある為、光反射シートとの組合せを推奨いたします。

また、天敵ダニへの影響も少なく、併用により効果を発揮致します。同様に、糸状菌の生長も抑制する効果があります。

3. ハウスの大きさ・栽培方法に合わせて選べる

<4種類から選べるラインナップ>
電照ケーブル・ソケットを使って設置するタイプは植物との距離によってタイプが分かれます。

Aタイプ(植物体との距離1.5m~2.0m)Bタイプ(植物体との距離1.2m~1.5m)と、ハウスの高さが低い場合は近接設置用のCタイプ(植物体との距離0.75m~1.0m)を御用意しています。
また、トマト・キュウリ等の誘引栽培用に縦型設置用のDタイプ(照射範囲3.0m×3.0m)もラインナップ致しております。

▲クリックで拡大

使用法



使い方と注意事項

植物、設置状況によっても異なりますが、夜間23時~3時の間で、タイマーを設置し3時間の点灯としてください。
施錠等により施設を管理し、ハウスに入る時は消灯してから入室してください。
点灯中に入室の際は、紫外線ランプを直視せず、皮膚にさらさないようにしてください、皮膚等に障害の恐れがあります。
本製品は、点灯約4,500時間を目安で交換してください、防除効果が発揮できない可能性があります。

仕様

販売商品名 UV-B電球型蛍光灯
販売元 鋼鈑商事株式会社
製造メーカー パナソニック ライティングデバイス株式会社
口金径 E26
周波数 50Hz/60Hz共用
電圧/電力 100V/24W
ランプ寿命 約4,500時間(平均値)

価格

販売名 仕様 メーカー希望
小売金額(税抜)
定価(税抜)
SPWFD24UB2PA(Aタイプ) 植物との照射距離
1.5M~2.0M
お問い合わせ オープン価格
SPWFD24UB2PB(Cタイプ) 植物との照射距離
1.2M~1.5M
お問い合わせ オープン価格
イチゴ高設栽培用照明器具
(Cタイプ・近接照射)
植物との照射距離
0.75M~1.0M
お問い合わせ オープン価格
トマト誘引栽培用UV照射器具
(Dタイプ・縦型照射)
照射範囲
3.0M×3.0M
お問い合わせ オープン価格