人気・最新農機具

三室型電解水生成装置「SGL1000-ⅢA」/ファーストメンテ(株)

公開日:2021.07.05

  • 特長:
  • 農薬削減
  • 品質向上
  • 収量UP

安心・安全で未来のある農業を目指す!

三室型電解水は、出来た電解水に塩分が残らず劣化も遅いため、約1ヶ月余りの貯水ができます。また、種子の除菌から成育・出荷、農機具やハウス内の除菌・洗浄まで、あらゆる場面で役立ちます。

こんな人におすすめ

  • 農薬を減らして無農薬を目指し、環境に優しい農業を実現したい方
  • 生育促進・品質向上・収量UPを目指している方
  • 作物に役立つ土中微生物を活性化させたい方
  • 品質向上させ、より良い販路拡大や高値販売を考えている方

特 長

1.三室型電解水とは?

原水に電解補助剤(塩化カリウム)加え、本機(SGL1000)で電気分解すると、「酸性電解水」と「アルカリ電解水」という2つの三室型電解水(塩分がほとんど残らない)になります。酸性電解水は生育調整や農薬の代わりとして役立ち、アルカリ電解水は発根を促し、健全生育促進と土中微生物の活性化に役立ちます。

2.品質向上・収量UP

酸性電解水・アルカリ電解水を交互散布し、またアルカリ電解水で適度の潅水を繰り返し利用すると、健全成育になり品質向上及び収量UPに繋がります。

3.150ヵ所以上の導入実績

一般の農家から農業法人、JA関連まで全国150ヵ所以上の販売・設置実績があります。

【東京都 鈴木農園様の導入事例】
栽培作物:きゅうり、トマト(大玉・中玉・ミニトマト)他
導入システム:①三室型電解水生成装置、②軟水器、③貯水タンク2000L×2、④ハウスへの送水システム

4.認可等に関して

2002年11月 食品添加物の認可
2014年4月  特定農薬(特定防除資材)に指定
2017年3月 農林水産告示443号「有機JASの特定農薬」の認可

操作性

【操作が簡単で使いやすい!】

操作方法
タッチパネルの操作画面で「運転」をタッチすると運転が始まり、貯水タンクが満タンになるまで運転します。
アラーム通知と自動運転で安心!
・電解補助剤(塩化カリウム)が無くなると、アラームが鳴り運転が停止。速やかに塩化カリウムを補充し再運転を開始します。
・タンクが満杯になると、「待機中」となり運転を停止します。
・タンク内の電解水の水位が下がれば、「待機中」が自動で「運転」を開始します。



【あらゆる産業で採用されています!】

三室型電解水生成装置は、農業分野以外にも病院・クリニック・食品関連・工場関連等にも利用されており、中でも歯科関連では1000件以上の納入実績があります。
本機で作る混合水は、井戸水と同じ水質検査基準に適合して、口に入れられる安全性と除菌効果の両立を​確保する事ができる唯一の三室型電解水生成装置です。
※混合水のPH値は5.8から6.8の範囲内に調整する必要があります

※イメージ画像

仕様

販売商品名 農業用SGL1000-ⅢA
メーカー ファーストメンテ株式会社
生成能力 標準 毎分各1リットル
塩水タンク 内蔵
操作様式 タッチパネル方式
設置場所 壁掛・据置 両方設置可能
電源 100V 50/60Hz
消費電力 100W
寸法/重量 W350×H450×D200 約8kg
連続運転 24時間連続運転可能・逆洗不要 
酸性電解水 PH3.0前後 有効塩素濃度約40ppm
電解アルカリ水 PH11.0~11.7前後
運用コスト 各1リットル生成で約1.58円 

価格

販売名 仕様 メーカー希望
小売金額(税込)
農業用SGL1000-ⅢA 50Hz 154万円
農業用SGL1000-ⅢA 60Hz 154万円
    
    


Facebook




Twitter