コラム

トルコギキョウの育て方。栽培方法のコツや時期・おすすめ品種は?

公開日:2020.02.27

1.トルコギキョウってどんな花?

トルコギキョウは北アメリカ南西部から南アメリカ北西部に分布する、リンドウ草の一種です。花色や花びらの形が豊富で、一年間を通して需要の高い花となっています。 花言葉の「優美・すがすがしい美しさ」のように、見ているだけでうっとりとしてしまう花です。またトルコギキョウの花色は、白・紫・ピンク・黄色もあり、花色によって花言葉がそれぞれ異なります。

美しい花なので年間を通して需要が見込めますが、栽培が難しいと言われています。園芸にあまり慣れていない人は、苗から育てるのがおススメです。

2.トルコギキョウの栽培が難しいのはどうして?

トルコギキョウの栽培が難しいと言われている理由は、大きく分けて3つあります。

1.種がとても小さく、発芽しても小さくて扱いにくい

種の大きさは7万粒で約1gと超微細です。発芽してからも一般的な芽よりも小さいため、間引きのときにはピンセットを使用します。

2.定植するタイミングが分からない

育苗トレイやペーパーポットなどに播種して育苗します。生長して定植するときに、タイミングが合わなければロゼット化する可能性があります

またトルコギキョウは乾燥地帯で生まれた花なので、生育時に雨に当たってしまうのを嫌います。また生育適正気温15~25℃と暖かいところを好むなど、とてもデリケートな花です。

3.同じ品種でもちょっとした環境の違いで生育や品質に差がでてくる

トルコギキョウは世界で約300種類栽培されていて、そのほとんどが日本産です。つまり、日本の気候に適したトルコギキョウの品種が多く存在しているので、土地環境に適した品種があります。
しかし、日本は南北に長く、地域によって気候が異なります。生育時の環境の違いにより同じ品種であっても開花輪数、花持ち、草丈、ボリュームなどの品質に違いが生じてきます。 環境の違いによる品質の差については、どうすることもできないため、栽培技術だけではなく、トルコギキョウの品種の特性をふまえて、その土地の環境にあった品種栽培が必要です。

3.栽培方法のコツや時期・おすすめの品種を紹介

トルコギキョウを育てるのが難しい理由が分かったところで、栽培方法のコツや、育て始める時期、おすすめの品種について紹介します。

栽培方法のコツと時期

トルコギキョウ栽培の最大の難点は温度管理になります。
気温が高すぎたり、低すぎたりするとロゼット化してしまうので、ハウス栽培で、保温マットトンネルの使用や冷暖房などの温度管理が必要になります。夏の栽培であれば冷房を、冬は暖房を使用することによって安定して一年中育成することが可能です。

発芽の最適気温は20~25℃前後、切り花を考慮した場合の栽培適温は夜15℃前後、昼25℃前後となります。

またロゼット化を避けるために、高温期に播種や育苗しないことや、育苗期間から定植期間に土が乾燥しないようにすることです。定植適期よりも早く定植してしまった場合もロゼット化する可能性があるので注意してください。
定植するタイミングは、本葉4枚が生長して3節目の葉が見え始めたものになります。

トルコギキョウは暖かい気候を好むこともあり、温暖地では9月~10月に播種して苗の状態で越冬させます。寒冷地は3月~4月の気温が高くなる時期に播種を行います。また、栽培場所が平野部か山間部かによっても若干時期が異なってきます。

おすすめ品種

トルコギキョウには、切り花用・鉢物用、八重咲・一重咲、大輪・小輪、複色、地植え用など用途や種類がたくさんあります。
その中から、おすすめのトルコギキョウをいくつかご紹介します。

■ジュリアスライトピンク

淡いピンク色で、ゴージャスなフリンジが特徴的な八重咲です。ロゼット化が少なく、葉先枯れも少ないので、栽培しやすい一種となっています。高冷地で6月~8月の栽培に適しています。


■ラビアージュ

高温期の開花でも大輪の花を咲かせてくれます。枝数も確保しやすくボリューム感のある切り花で、ロゼット化も少ないです。高冷地で6月~10月の栽培に適しています。


■ラブシリーズ

淡いピンクが人気のラブシリーズは、花弁が硬く花持ちがいいので作りやすいです。また枝は細いですが硬く、枝分かれも多いのですっきりとした見た目の品種です。


■雪てまり

純白な大輪が特徴的な八重咲トルコギキョウです。高温条件下でも花弁が乱れにくく、切り花としての商品価値が高いです。


■パレオピンク

濁りのない鮮やかなピンクは蛍光灯の光に映えます。草丈が高く、枝分かれが多いので比較的簡単に栽培できます。幅広い作型に適応しています。




トルコギキョウはとても美しく、年間を通して需要の高い花です。土地の環境に適した品種を選定し、育て方のコツを掴めば、綺麗な花を咲かせることができますよ。



  • ▼関連記事





▼参考サイト
〇フラワーカタログ2017,カネコ種苗(株)
http://www.kanekoseeds.jp/prokaki/wp-content/themes/tmg/pdf/2017_flower.pdf

〇ユーストマ(トルコギキョウ),品種カタログ,タキイ種苗(株)
https://www.takii.co.jp/flower/catalog/frs/

〇トルコギキョウの育て方。コツとお手入れ、植え替えや寄せ植えを一挙紹介します, GARDEN STORY
https://gardenstory.jp/gardening/32940

〇トルコギキョウ栽培指針,島根県(平成17年3月)
https://www.pref.shimane.lg.jp/industry/norin/seisan/engei_shinkou/index.data/toruko_saibai_shishin.pdf

〇4.栽培技術(トルコギキョウ(平坦地)), 高知の元気の源 こうち農業ネット
https://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/info/dtl.php?ID=2318

ライタープロフィール

【施設園芸.com 編集部】
農家さんへのお役立ち情報を日々配信しています!
女性編集部が多く在籍し、新しいイベントの企画やコラム記事の執筆、農家さんや企業様の取材を行っています。みなさんに喜んでいただけるような企画を日々考案しています♪









    



Facebook




Twitter