高濃度菌根菌資材「マイコジェル」/(株)ハイポネックスジャパン

公開日:2021.04.27

  • 特長:
  • 品質向上
  • 病気対策
  • 生育アップ

菌根菌のはたらきで作物の生育アップ!

菌根菌が植物の根に共生することで養水分の吸収を高める他、連作によって弱った土壌などストレス環境に対する耐性が増し、病害虫への抵抗性を高めます。

こんな人におすすめ

  • 作物を強健に育てて病気への抵抗性を高めたい方
  • 土壌に固定されたリン酸の吸収を促進させたい方
  • 収穫期間を延ばして収量を増加させたい方
  • 収穫物の品質を高めたい方

適用作物

野菜、花卉類、果樹(一部のアブラナ科、アカザ科、マツ類を除く) など

特長

1.独自の技術で菌根菌を純粋培養

スペイン・キミテック社が国際特許として所有する約90系統もの菌種の中から、日本の作物や栽培形態に最適と考えられる菌根菌を純粋培養して製造しています。菌の濃度が非常に高く、他の微生物や不純物の混入が極めて少ない高い品質を実現しました。

2.点滴灌水にも使用可能

製品はジェル状で残渣なくキレイに溶解するため、点滴灌水にもご使用いただけます。

3.菌根菌の働きで作物が強健に育ちます!

菌根菌は、栽培期間を通じて植物の根と共生します。菌根を形成し、菌糸を伸ばすことで植物の根が届かない広範囲から水分を摂取したり、土壌に固定されたリン酸などの栄養分を分解して吸収を促進します。菌糸を張り巡らせた範囲は菌根圏と呼ばれ、微生物相のバランスを整え、植物の病害虫に対する自己防衛力を高めます。

▲クリックで拡大

4.わずか2週間で菌根圏を形成

マイコジェルの最大の特長は、菌根圏を形成するスピードの速さです。ジェルの中では、胞子・菌根化した根・菌糸といった異なる3つの増殖形態で菌の活性が保たれており、マイコジェルを施用後わずか2週間という類を見ない速さで菌根圏が形成されます。

▲クリックで拡大

使用方法

【標準施用倍率】

100ml/10a (10,000倍希釈液を1t/10a)


【プラグ育苗期やポット苗の推奨倍率】

新しい根が活発に伸長する時期に与えると効果的です。
栽培初期に1度施用するだけで、その効果は栽培期間を通して持続します。
施用の前後は灌水を控えめにすることで菌の感染が促されます。

成分・原料

菌種:ライゾファガス イレギュラリス

使用上の注意

ボトルを10回程度振ってからご使用ください。
マイコジェル施用後2週間は、土壌殺菌剤やリン酸の多い液肥の施用を控えてください。
トリコデルマ菌資材との併用は避けてください。
一部の作物では菌が感染せず効果を得られないことがあります。
直射日光のあたらない常温で保管いただけますが、夏場の高温期は菌の活性が落ちることがあります。
ボトル開封後は、なるべく早く使い切ることをお勧めします。

仕様

販売商品名 高濃度菌根菌 マイコジェル
メーカー 株式会社ハイポネックスジャパン

価格

             
販売名 内容量 メーカー希望
小売金額
高濃度菌根菌 マイコジェル 250ml メーカー問い合わせ
高濃度菌根菌 マイコジェル 500ml メーカー問い合わせ

紹介動画

▲画像をクリックすると動画が再生します。

    
    


Facebook




Twitter