コラム

腰痛の方必見!農作業が楽になる【今話題】腰痛改善・予防グッズ紹介!

公開日:2019.05.09

農業では植え付けや収穫、箱詰め作業など中腰で行う作業が多いため、腰を曲げて作業する時間が長くなります。その上、作物や肥料の運搬では、重い荷物の上げ下げを繰り返すため、腰痛を抱えている方が多いですよね。
そこで今回は腰痛でお困りの方のために、働きながら腰痛を改善・予防する【今話題の腰痛対策グッズ】をご紹介します。

1.腰痛の悪循環

腰痛を抱える多くの人が、農業閑散期に病院を受診するため「柿が赤くなるころは、医者が青くなる」といわれています。収穫の時期ともなると、痛みがあってもなかなか作業を休むことができず、ゆっくり体を休められるのは閑散期くらいです。
そこで注意していただきたいのが“閑散期の運動不足”です。ゆっくり体を休めようとして動かなかったり、腰をかばいすぎて日常生活の動きまで制限されてくると、腰を支える筋肉はどんどん弱くなりさらに腰痛がおきやすくなるという悪循環に陥ります。そして、筋力が低下したまま繁忙期になりハードに農業を行うと、今度はぎっくり腰やヘルニアなど慢性的な腰痛を引き起こしてしまいます。

2.ヘルニアかも?ひどい腰痛には注意が必要!

中腰で繰り返される動作や、重いものを上げ下げする動きが繰り返されることによって身体の支柱が揺らぐと、腰椎椎間板ヘルニアが起こりやすくなります。腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板という背骨をつなぐクッションが、飛び出して神経を圧迫することにより、足腰の痛みや痺れを引き起こします。首から腰まで発症する可能性がありますが、ほとんどが腰に発症します。
10~40代の若い世代に多く見られるため、若いからといって無理して重い物を持ち上げたりするのは危険です。とくに女性は筋力が弱く、骨も細いのでヘルニアになりやすいと言われています。身体の変化が現れる始める30代は、働き盛りとはいえ決して無理してはいけません。

※痛みがひどい場合には湿布を貼って安静にしましょう。ヘルニアは最悪の場合手術が必要になります。痛みが続く場合には我慢せず、医療機関に相談してください。

3.腰回りの筋肉をサポートしよう!おすすめグッズ3選

腰のトラブル対策を改善するには、中腰を控えることが第一です。しかし農作業で、中腰を控えることは作業的に難しいですよね。そういった場合は腰を支える筋肉をサポートして腰への負担を減らすようにしましょう。すでにコルセットをつけている方も多いかと思いますが、動きにくかったり、つけているのを見られたくないなど見た目を気にされる方も多いはず。そこでご紹介したいのが、最近多くの注目を集めている農作業用の「パワースーツ」です。展示会でも見かける機会が増えましたね。効率よく身体をケアしてくれる“腰痛お助けグッズ”です。




【1】サポートギア 「DARWING SATT (ダーウィンサット)」

骨盤コルセット機能と背中のアシスト機能(伸縮ゴム)で中腰の姿勢や前屈の動作をサポートします。
軽い力でしっかりと骨盤を締めるので、無理なく良い姿勢を維持します。また、背中にはポケットがついていて保冷剤や保温剤を入れることができるので、夏場の暑さ対策や冬場の寒さ対策ができます。
着るときは両肩に背負い、腰のベルトを締めたら、肩ひもを調整するだけ。脱着がとても簡単なのがうれしいポイント。見た目もスタイリッシュなダーウィンサットは、腰をしっかりサポートしながら快適に動くことができます。
“ラクに中腰をサポートしたい”方におすすめです。

※本製品は医療用品メーカーであるダイヤ工業株式会社が作っている「農家の方におすすめの作業用サポートグッズ」です。



▲ダイヤ工業株式会社



下肢パーツを組み合わせれば下半身の動きもサポートします。

▲ダイヤ工業株式会社



https://www.daiyak.co.jp/product/detail/339



【2】アグリパワースーツ

バネの力で作業をアシストしてくれる「無動力のアシストスーツ」です。
厚さ約1㎜のステンレス鋼を使用したスプリングコイルが、腰回りに6本入っており、中腰作業をアシストします。背筋サポートもあり背骨と筋力を補強してくれます。筋負担度は「大学の研究でも有効性が認定されている」お墨付き。
メッシュ生地でできているので、「コルセットやベルトをすると汗ムレが心配…」という人も安心してお使いいただけます。胸部や背中には、ホッカイロや保冷剤をいれるポケットがついていて、暑さ対策・寒さ対策ができます。カラーが5色から選べるため、おしゃれな農業女子にも人気があります。

▲【製造元】有限会社アトリエケー



https://agri-suit.com/



【3】ワーキングパワースーツ

アグリパワースーツ同様、特殊な高反発スプリングが6本入っており中腰作業や重量物の持ち上げをアシストしてくれます。腕のサポーターと歩行サポーターを組み合わせると、身体全体を使った動きをサポートしてくれます。アグリパワースーツとは異なり胸部を開放する男女兼用設計となっており、女性でも簡単に装着できるため、アグリパワースーツ同様おしゃれな農業女子にも人気があります。

▲【販売元】株式会社エヌ・エスピー



http://www.kknsp.jp/powersuit/

※冬場の厳寒期には「冬季モデル:アグリパワースーツHOT」がおすすめ。蓄熱保温素材が使われており、衣服内温度を3~5℃上昇させることができます。





痛みを我慢してきた腰痛の方々にオススメのパワースーツです!ぜひ試してみて下さい。



  • ▼関連記事



▼参考サイト
●公益財団法人日本整形外科学会,腰椎椎間板ヘルニア
<https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/lumbar_disc_herniation.html>
●一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会, 脊椎脊髄疾患,腰椎・腰
<http://www.jssr.gr.jp/sick/disease.html>
●公益財団法人日本整形外科学会,骨粗鬆症
<https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/osteoporosis.html>