コラム

きゅうりで熱中症対策!水分・塩分がたっぷり摂れる夏におすすめレシピ

公開日:2019.07.26

1.水の約半分は食べ物から取っている?キュウリで熱中症対策

夏の農作業で気を付けたいのは熱中症です。市販の対策グッズを使うと作業はグッと楽になりますが、熱中症予防に欠かせないのは何と言っても水分と塩分の補給です。水分補給には飲み物と思いがちですが、水の半分くらいは食べ物から摂っています。
普段の食事にちょっと気を配るだけで熱中症のリスクをグッと減らすことができます。特に夏野菜のキュウリは95%以上が水分で、体を冷やす効果もあり、手頃な値段のため、毎日の献立に積極的に取り入れたい野菜です。
そこでここからはキュウリを使った熱中症対策レシピをお伝えしていきます。

2.キュウリといえば浅漬け!塩分補給もできる王道レシピ


キュウリの浅漬け

ササッと作れ、水分と塩分が同時に摂れる浅漬けがおすすめです。日本気象協会推進の熱中症ゼロへ(R)プロジェクトの公式商品にエバラの「浅漬けの素」が選ばれていることからも、浅漬けは熱中症対策に良いことがわかります。

3.ササっと簡単!キュウリを使ったアレンジレシピ


キュウリロール

キュウリを使った見た目にも美味しいインスタ映えする料理です。ハムに含まれるビタミンB1は疲労回復や夏バテ解消にも役立ちますよ。




うなきゅう丼

うなぎとキュウリのドンブリで夏バテを吹き飛ばしましょう。ビタミン・ミネラルを豊富に含んだ栄養価の高いウナギをキュウリと一緒にさっぱりと頂きます。




キュウリと長芋の梅肉和え

食欲が無い時でも梅の風味で箸が進みます。梅干しに含まれるクエン酸は疲労回復効果が高いので農作業の後に食べたい一品です。




【アレンジ】キュウリドレッシング

キュウリドレッシングで美味しい夏野菜をたっぷり食べましょう。野菜に含まれるビタミンCやビタミンE、ビタミンAは夏の強い紫外線を受けてできた活性酸素を減らす効果もありますよ。



今回紹介したレシピはどれも簡単に作れるものばかりなのでぜひ一度試してみてくださいね。旬のキュウリをたっぷり食べて熱中症に備えましょう。




  • ▼関連記事



▼参考サイト
●公益財団法人長寿科学振興財団、「健康長寿ネット」、水は1日どれくらい飲めば良いか
<https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shokuhin-seibun/water.html>
●文部科学省、「食品成分データベース」、野菜類/きゅうり/果実、生
<https://fooddb.mext.go.jp/index.pl>
●一般社団法人 海外法人医療基金、海外医療情報、ニュースレター(機関紙)、なるほど栄養学~夏バテ・熱中症にご用心~、食生活アドバイザー:来栖文子、
<https://jomf.or.jp/include/disp_text.html?type=n100&file=2004070105>
●エバラ食品工業株式会社、ニュースリリース、「浅漬けの素」が日本気象協会推進「熱中症ゼロへ(R)」プロジェクト公式商品に認定(2014.5.13)
<https://www.ebarafoods.com/>



ライタープロフィール

【haruchihi】
博士(環境学)を取得しています。
持続可能な農業を目指し、有機質肥料のみを使ったトマトや葉菜類の養液栽培を研究してきました。研究機関やイチゴ農園で働いた後、2児の母として子育てに奮闘する傍ら、家庭菜園で無農薬の野菜作りに親しんでいます。