コラム

野菜を守るコンパニオンプランツとは?植え方と効果的な組合せ一覧

2018.10.12

1.楽したい!骨の折れる無農薬栽培

農薬を使わずに作物を栽培することができたら、それに越したことはないですよね。
しかし、実際に無農薬栽培にチャレンジしてみると、病害虫の発生をゼロにすることはとても難しいことがよく分かります。病害虫が発生してから駆除することはとても大変ですので、防除に努めて、できるだけ楽に栽培したいですね。

無農薬栽培の成功のコツは何でしょうか。
土づくり、密植を避けて風通しを良くする、肥料を与え過ぎない、連作障害を避ける、防虫ネットなど資材の活用など、色々ありますね。

今回注目したいのは連作障害を避けることです。
連作障害を避けるために、作付け計画を作りますよね。どうせならこの時に「コンパニオンプランツ」を取り入れた作付け計画を作ってみませんか?

2.いつもの作付け計画にもう一工夫

コンパニオンプランツを活用することで病害虫を抑えたり野菜の生育が良くなったり様々な効果が見込めます。植物を植えた後は、互いに良い影響を及ぼし合うので手がかかりません。ここからはそんなコンパニオンプランツについて解説していきたいと思います。




コンパニオンプランツとは

コンパニオンプランツとは共栄作物とも呼ばれ、互いの成長によい影響のある植物の組み合わせや、それら植物を指します。




効果

主に害虫忌避病気予防生育促進の3つがあります。

●害虫忌避
害虫が嫌う臭いを出す野菜を利用します。代表的なものとしてネギやハーブの独特の臭いが挙げられます。
●病気予防
ネギやニラなどヒガンバナ科の野菜は、つる割れ病や青枯れ病を防ぐ働きがあります。またマリーゴールドにはセンチュウを減らす働きがあります。
●生育促進
光を必要とする背の高い植物の影に、日陰でよく育つ植物を植えるとどちらもよく育ちます。マメ科の野菜の多くは、植えると空気中の窒素を植物が利用できる形で土壌に供給してくれるので、一緒に植えた野菜もよく育ちます。

3.コンパニオンプランツで楽々、野菜を守ろう

植え方

株と株の間に異なる種類の野菜を植える「混植」と隣り合う列ごとに異なる種類の野菜を植える「間作」が基本です。
「混植」として、例えばキャベツとレタスを交互に植えるとキャベツに付く害虫を減らすことができます。またネギやニラを利用する際には、根と根が絡むように植えると効果的です。
「間作」は、距離が近すぎると競合する場合に効果的で、サツマイモとエダマメなどの組み合わせがあります。

野菜の株元を囲むように植える方法や畝の周囲を囲む方法もあります。マリーゴールドやバジルでトマトの根元を囲ったり、野菜の畝の周囲をネギやハーブで囲うように植えたりする方法が有名です。




組み合わせ

基本的に異なる科の野菜を組み合わせます。同じ科の作物を混植すると、生育が悪化したり病害虫が増えたりすることがあるので避けましょう。
組み合わせは基本的に3タイプに分けられます。
背の高い野菜と背の低い野菜(とうもろこしとレタスなど)」「日当たりを好む野菜と日陰、半日陰を好む野菜(きゅうりとミツバなど)」「根が深い野菜と根が浅い野菜(ナスとラッカセイなど)」です。
注意したいのはバラ科のイチゴとアブラナ科のキャベツなど科が異なっても相性が悪い組み合わせがあることです。

下に代表的な組み合わせの一覧表がありますので参考にしてみてください。


この表をダウンロードする

コンパニオンプランツを上手く利用することで手間も農薬の使用量も減らすことができます。楽して安心な野菜を作りましょう。



【参考文献】
〇育ちや味がどんどんよくなる 自然菜園で野菜作り、竹内孝功、家の光協会、2014.
〇有機・無農薬でおいしく安心な野菜をつくる コンパニオンプランツで無農薬の野菜づくり、鈴木昌子編、学習研究社、2009.



ライタープロフィール

【haruchihi】
博士(環境学)を取得しています。
持続可能な農業を目指し、有機質肥料のみを使ったトマトや葉菜類の養液栽培を研究してきました。研究機関やイチゴ農園で働いた後、2児の母として子育てに奮闘する傍ら、家庭菜園で無農薬の野菜作りに親しんでいます。