コラム

【雪対策】冬のビニールハウスをどう守る?おすすめグッズ

2018.12.25

ビニールハウスは作物を様々な外的要因から守ってくれますが、冬場はそんなビニールハウスを守ってあげる必要があります。特に積雪への対策は怠ることはできません。朝起きたらビニールハウスが潰れてしまっていた、なんてことになってしまっては笑い事では済まないからです。
そこで、冬のビニールハウスを守るために役立つグッズをご紹介いたします。急な積雪にも柔軟に対応できるように、冬本番が来る前に準備を始めましょう。

1.【降雪前】ビニールハウスを頑丈に!補強対策

積雪量が多くなると、ビニールハウスが倒壊する恐れが高くなります。被害を未然に防ぐために、雪が降り始める前に補強対策を行いましょう。




中柱

中柱を設置して、支柱を補強しましょう!中柱は3~4m間隔で取り付けると耐雪性が高くなります。
取付けや取り外しが簡単な補強資材も販売されています。
中柱には木材や竹なども使用できますが、雪の重みで中柱が土中に沈まないように、中柱の下には板やブロックなどの台石を敷いて使用してください。




ハウス補強金具

アーチパイプと直管パイプ(奥行き)をダブルに止める専用部材「トートラス®(東都興業株式会社)」を使用すれば、ハウスの奥行き・上から・横から・斜めからのハウス全体の強度を高めることができます。既設のハウスにも取り付け可能で、施工も簡単にできるように設計されています。

  • ▼詳しくはこちら

2.【降雪時】雪を積もらせないことが重要です!

積雪が始まったら、ハウスの上やハウス脇になるべく雪が積もらないように対策しましょう。




暖房

ハウス内の室温を上げることで、室外に降り積もった雪を溶かしてハウスの倒壊を防ぐことができます。雪下ろしでは作業が追い付かないほどの降雪地方では、このように暖房を使って雪を溶かすといった対策をとることも珍しくありません。暖房設備がない場合でも、石油ストーブで対策できます。(ストーブの場合ハウス内の温度を上げるまではいきませんが、熱対流によって天井部の雪を溶かすと言われています。)
ハウス内上部に温まった空気が溜まることで、積もった雪を落としますが、室温を上げすぎるとハウス内の作物へ影響を与える可能性があるため、少し温まった空気がハウス内を循環する程度の加温にしておきましょう。

POINT

内張りの保温資材カーテンを密閉せずに隙間を開けて暖房を稼働させましょう!
暖かい空気がカーテンの上まで上昇し、ハウス上部の融雪を促します。




潅水チューブ

夏場、潅水の省力化に役立つ散水チューブは冬の雪対策でも活躍します。ビニールハウスの間に設置して、脇に積もった雪がハウスを押しつぶしてしまうのを防ぎましょう。
畑地かんがいや地下水などいつでも水が確保できる環境にある場合に限られますが、除雪の労力を大幅に削減できる便利なアイテムです。雪対策用に開発された耐久性の優れた潅水チューブも販売されています。

※注意※散水は、雪の積雪を防ぐために積雪前から行い、積雪後は行わないようにしましょう。水を含んだ雪の重量が増大し、倒壊を引き起こす可能性があります。

3.【降雪後】それでも雪が積もってしまったら…

降雪後に除雪など作業を行う場合は、ヘルメット等を被るなど十分安全に注意して複数人で作業を行うようにしましょう。




ビニールハウス用雪下ろし道具

屋根に積もってしまった雪は、更に積もって重くなってしまう前に下ろしてしまいましょう。
しかし、雪の積もったビニールハウスに上るのは非常に危険です。また、とんぼやスコップなどの道具を使うとビニールが傷ついてしまわないか心配だという人もいるのではないでしょうか。
ビニールハウス用の雪下ろし器は、ビニールを傷つけないよう丸みを帯びた形状で先端にはゴムがついています。さらに、屋根まで届く長さに伸ばすことができ軽量に設計されています。
雪が降る地域でハウス栽培をするなら使用する機会が多くあることでしょう。




融雪資材

もみがらくん炭」や「ようりん」などの資材を散布すると、融雪が促進されます。
融雪資材の散布量は下記を目安にしてください。

散布後に、融雪資材が隠れてしまうほどの積雪があれば、再度散布するようにしましょう。




雪が降る前に、ハウスの点検・事前対策を行い、”雪に強いハウス”で冬を乗り越えましょう!





▼参考文献
○大分県「雪害対策マニュアル(施設の対策)」
<http://www.pref.oita.jp/site/901/snow-house.html>2018.12.13アクセス
○丹波農業改良普及センター 丹波ささやま農業協同組合 篠山市農都政策課「ビニールハウスの雪害対策について」
<https://www.ja-tanbasasayama.or.jp/wp/wp-content/uploads/2018/01/4430bffaa9c490f2ee2fe92b290303b7.pdf>2018.12.13アクセス
○JA全農 生産資材部「施設園芸用ハウス 自然災害対策マニュアル 第4章 園芸施設における降雪・積雪対策について」
<http://www.agri.zennoh.or.jp/assets/pdf/sizensaigai4.pdf>2018.12.13アクセス

ライタープロフィール

【Sandersonia(サンダーソニア)】
花とスケートボードを愛するフリーライター。サンダーソニアとは好きな花の名前。
IoT技術による農業生産の革新と農協改革の今後に関心を寄せる。花屋、JA営農指導員を経て独立。生産から流通、花束やフラワーアレンジメントまで 花の知識ならお任せを。