コラム

【ネキリムシ対策】専門家が教える効果的な防除・駆除方法

公開日:2022.01.07

1.ネキリムシとは?

ネキリムシとは、鱗翅(りんし)目害虫である夜蛾(やが)類の幼虫やコガネムシ、コメツキムシなどの幼虫を指します。基本的に日中は土の中に潜伏し、 夜間に作物の根部、地際部を食害するため見つけにくく、倒伏など地上部の被害が出ないと気付きにくいため、農家さんが気が付いた時には手遅れ…と非常に厄介な害虫です。

そこで、今回は農業改良普及員の深田さんに効果的な対策方法を伺いました!

2.ネキリムシはどこから来る?侵入を防ぐ2つの方法

ネキリムシの成虫であるコガネムシやコメツキムシは ビニールハウスの外から侵入することが多く、侵入した害虫たちが卵を産み付けていくことでネキリムシが発生するため、いかに飛来する成虫を防ぐことができるかが重要になります。ビニールハウスの外からの侵入を防ぐには以下の方法が有効です。

防虫ネット

夜蛾類などネキリムシの原因となる害虫の飛来を防ぐには、原始的ですが防虫ネットが効果的です。 ハウス栽培であれば、大部分の蛾の成虫は2×4ミリあるいは4ミリのネットで侵入を防ぐことが可能です。しかし、ネットを張った分通気が悪くなるため、換気扇や循環扇を使用してハウス内の空気を循環させましょう。

  • ▼関連記事




黄色灯(防蛾灯)

夜蛾類の夜間の行動を防ぐ手段として黄色灯があります。ハウス栽培だけでなく、露地栽培、雨よけ栽培にも効果が期待できる方法です。農薬を使わない対策のため、減農薬・無農薬栽培にも活用することが可能なだけでなく、薬剤抵抗性を持つ害虫の発生を防ぐことができます。
黄色灯を設置する初期費用が掛かりますが、農薬費用の削減と労力削減で初期費用の回収を行います。




3.ハウスに侵入したら…ネキリムシ駆除の有効対策

すでにハウス内に夜蛾類が侵入し、ネキリムシが発生した場合には以下の対策が有効です。

定植・播種前  

実際に現地試験をした際に印象的だったのが、「ダイアジノン🄬SLゾル」です。潅注による施用が可能で生育中にも使用でき、さらに有効成分をマイクロカプセル化してあることで徐々に溶出し長期間の防除効果を期待することができます。





定植後  

定植前にはクロルピクリンを含む土壌消毒剤を使用することで、事前に駆除することが可能です。 しかし、クロルピクリンは容易にガス化するため、散布する際は細心の注意を払い作業を行いましょう。




農薬を使用する際は、農水省農薬登録情報提供システムを使用し、正確で最新の情報を確認してから使用しましょう。





  • ▼関連記事




ライタープロフィール

【施設園芸.com 編集部】
農家さんへのお役立ち情報を日々配信しています!
女性編集部が多く在籍し、新しいイベントの企画やコラム記事の執筆、農家さんや企業様の取材を行っています。みなさんに喜んでいただけるような企画を日々考案しています♪











Facebook




Twitter