アグリキュレーター

ハイブリッド暖房制御盤を導入して ヒートポンプが優先的に動き省エネになりました。

公開日:2018.03.07

1. ハイブリッド暖房制御盤導入のきっかけ

加温機とヒートポンプを導入していましたが今までは連動していなかったので、加温機の稼働が多くなってしまい、ヒートポンプをうまく使用できていませんでした。そこで上手く連動できるようになれば思い、ハイブリッド暖房制御盤を導入することにしました。

2. 導入した効果

導入前は、加温機のほうが多く動いてしまいヒートポンプを上手く活用できていなかったのですが、ハイブリッド暖房機の導入後はヒートポンプを優先的に動かすことができるようになり、重油代も減りました。
機器の操作に関しては、従来の四段サーモと同様の操作でヒートポンプと加温機を使用することができるので簡単です。今までは天気予報を見ながら頻繁に設定を調整していましたが、急な外気温の変化にも自動で対応してくれるので、ヒートポンプの設定ミスを減らせて助かっています。手間が省かれ、時間を短縮することができ、栽培面積を増やせる余裕もできました。

換気扇の作動を検知すると、ヒートポンプと加温機の作動がしばらく止まるので、効率的に加温することができています。また、導入前は明け方にハウス内の温度が急上昇し、果実の結露(病気や亀裂の原因)が発生していましたが、自動昇温機能を使うと早朝から徐々に温度を上げることができるので、結露が防げるようになりました。
みかんの着色も良くなりましたよ。

3. 今後の展望

挑戦したいことはいろいろありますね。
補光栽培のLEDで光合成の促進をしたり、ドライミストを使って日中の温度が下げられたりしたらいいなと思っています。

4. 今回おすすめする機器

㈱ニッポーのハイブリッド暖房制御盤
「Heat NAVI」
(ヒートナビ)



ハウスの情報


ハウス:鉄骨/ビニール
天窓:自動巻き上げ
カーテン:保温
暖房機:重油式暖房機、ヒートポンプ、ガスエンジンヒーポン
その他:炭酸ガス発生装置、循環扇


ハウスの様子



キュレータープロフィール

佐賀県/ハウスみかん生産者 
大場さん

佐賀県はハウスみかんの生産量日本一を誇る。
その佐賀県唐津市にある大場農園で精力的な取り組みを行っている大場さん。笑顔のまぶしい期待の若手生産者だ。機械が好きで、メーカーより詳しくなってしまうことも。
品質の高いみかんを生産するために農業機器を積極的に導入するなど、若手ならではの先進的な取り組みを行っている。取材担当者より

ハウスみかん生産者 大場さんの記事一覧へ