コラム

暑い夏を乗り切る!農作業におすすめインナーまとめ【人気カラーも紹介】

公開日:2020.08.21

1.真夏のハウス内はまるでサウナ!熱中症に注意が必要

夏場のハウス内は、サウナのような蒸し暑さとなり、外のほうが涼しいなんてこともしばしば。このような高温多湿状態のハウス内作業は大変危険で、作業中に体調が悪くなったり、熱中症で倒れてしまう農業者も多くいます。異常な暑さが続く今日、作物にとっても人にとっても、暑さ対策・熱中症対策は欠かせません。

大量の汗をかきやすいハウス内作業では、いかに早く汗を乾かし、体温を下げるかということが重要となります。汗が蒸発しなければ体温を下げることができず、体に熱がこもってしまい体調不良や熱中症になる危険があるからです。様々な暑さ対策・熱中症対策がある中、今回は「作業着の下に着るインナー」に着目しました。

暑いからインナーは着ない!シャツ1枚のほうが涼しい!という方も多いのではないでしょうか? しかし、実はインナーを着たほうが快適で涼しく過ごすことができるのです。ここからは「インナー選びのポイント」と「農作業におすすめのインナー4選と人気のカラー」をご紹介していきます。

  • ▼関連記事

2.インナー選びのポイント!備えておきたい【4つの機能】とは

夏用の農作業インナーを選ぶ際には、以下4つの機能が全て備わっているか着目しましょう。

①触るとヒンヤリと涼しさを感じる「接触冷感」

肌からインナーへ瞬間的に熱を移動させる性質の熱伝導を利用することにより、涼しさを感じることができる「接触冷感」。熱伝導率と熱拡散率が高いほど冷たく感じます。化学繊維では、ナイロンやレーヨン、キュプラなどが熱伝導率と熱拡散率が高いため接触冷感に優れた素材です。

他にも、吸水性・速乾性の高いポリエステルなどの繊維の表面に、冷感機能のあるプリント加工をする方法もあります。プリント加工は、汗を吸収する際に発生する熱を奪う「吸熱特性」を利用して繊維の温度を下げ、冷たさを感じることができます。熱中症対策にもおすすめの機能素材です。

②汗を素早く吸収して乾かす「速乾吸水性」

体にこもった熱を下げるためには、素早く汗を吸収・乾燥させる必要があります。そのためには「速乾吸水性」が重要です。

速乾吸水性のある素材としてよく使われているのがポリエステルです。ポリエステルは繊維内部まで汗を浸透させずに、糸や生地の間に一時的に汗を溜めることのできる「疎水性」を備えています。そのため、汗が繊維内部まで染み込む前に乾きます。

メーカーによっては、ポリエステル糸の組み合わせを工夫して「毛細管現象」を発現させ、汗の吸水を早めたり、汗で湿った繊維の目を緩めて通気性を良くするなどして、速乾吸水性の効果を高めています。 これにより体がべとべとするといった汗の不快感を解消し、快適に作業を行うことが出来ます。また、接触冷感機能素材と組み合わせれば、より熱中症対策にも効果的です。

③日焼けを防ぐ「UVカット」

ご存知の通り「UVカット」には、紫外線を吸収・乱反射させる効果があります。酸化チタンや特殊セラミックを練りこんだ繊維を使用することで、肌に達する紫外線の量を軽減し、日焼けを防ぎます。

そもそも日焼けとは「日光皮膚炎」という皮膚炎の一種で、肌が火傷している状態です。太陽光を大量に浴び続けることは、光老化と言ってしみ、しわ、たるみなど肌荒れの原因となるため、男性・女性を問わずハウス内での日焼け対策は必要です。

UVカット機能のあるインナーであれば、日焼け止めクリームの塗り直しと言った手間を省くことができる上に、暑さ対策のついでに紫外線から肌を守ることができます。

  • ▼関連記事






④匂いの原因菌を抑えて防臭する「抗菌防臭」

汗をかいたときに気になるのが汗の臭いです。これは皮膚に存在する黄色ブドウ球菌が、汗を悪臭のする脂肪酸やアンモニアに分解することで発生します。抗菌剤を繊維に練りこむ、もしくは繊維表面に加工することにより、嫌な臭いが発生しない程度に黄色ブドウ球菌の増殖を抑えることができます。

抗菌防臭の機能があれば、汗の臭いを気にせず作業に集中でき、人と会う予定があっても安心です。

3.おすすめのインナー4選と人気カラーをご紹介!

ここからは4つの機能すべてが備わった編集部おすすめのインナー4選をご紹介します!
機能性にこだわったシンプルカラーが好みの方にぴったりなのがこちら。

【氷撃】FREEZE TECH

一枚でもアンダーレイヤーとしても活躍する、コンプレッション機能が備わったインナーです。

通常の接触冷感機能とは違い、生地裏面(肌側)に特殊な冷感プリント加工を施したことで、汗を吸収したときの「吸熱特性」で繊維の温度を下げることができます。そのため、体感では暑いと感じていても実際の皮膚温の上昇を抑え、疲れにくい体を保ってくれます。

また、風に当たる事で更なる冷却効果が見込めるため、外に出た時の体感温度が涼しく感じられます。空調服と合わせて着用したり、近年流行している首から下げるファンなどを一緒に使うことでより冷たさを感じることができ、ハウス内での作業がより快適になります。

カラーはシンプルで使いやすい、ブラック、ライトグレー、ホワイトの3色展開で、一番人気のカラーはブラックです。ちなみに、グレーは全ての色の中間色とも言われ、土汚れなどが目立ちにくいとされています。農作業時の汚れが気になる場合は、グレーを選ぶのもいいですね。

■コンプレッション機能とは?

ランニングやマラソン用に販売されて有名になったウェアの機能です。伸縮性のある素材を使って体に適度に圧をかけて筋肉のサポートをすることにより、作業の際にかかる体の負担を軽減させることが期待できます。



▼株式会社リベルタ 【公式サイト】

※メンズ用サイズ・レディース用サイズあり
※メンズ:S~3XL
※レディース:157㎝~163㎝






XYLI FREEZE X

生地にキシリトールとメントールの加工がされており、より冷感と涼感が長持ちします。キシリトールの成分が汗に反応し、吸熱特性によって繊維の温度を下げます。さらにメントールが皮膚表面の神経を刺激して冷感を持続させます。

商品を濡らした状態で送風したところ、最大ー11℃という測定結果(※1)が出ており、通常の接触冷感とは違った冷感・涼感が期待できます。空調服の下に着ることでさらに涼しい環境を作ることが出来ます。

※1:(財)日本文化用品安全試験所での温度測定



カラーはシンプルにブラックのみ。シックに決めたい方や、ついついカラー選びで迷ってしまう方にもおすすめです。


▼株式会社ブレイン 【公式サイト】

※メンズ:M~3L
※1カラー ブラックのみ





次に、機能性に加えてカラーバリエーションの豊富なインナーをご紹介します。おしゃれにもこだわりたい方におすすめです。

【Z-DRAGON】 75124 ロングスリーブ [春夏]

吸汗速乾が備わった接触冷感素材を使用し、両脇と両肩に消臭&抗菌テープを採用した、コンプレッション機能が備わったハイパフォーマンスインナーです。

カラーは嬉しい8色展開で、シンプルな単色に加えカモフラージュ柄とアリゲーター柄があります。空調服のインナーとして着用するのもお薦めですが、モデルの市原隼人さんのように、1枚で着用することもできます。機能性だけでなくおしゃれにこだわりたい男性におすすめです。

一番の人気カラーはブラック。柄物では、ブラックカモフラ、シルバーカモフラが人気です。柄物インナーは、1枚で着用して全面的に柄を見せたり、黒や白といった無地のTシャツと合わせて、袖からさりげなく柄をのぞかせるのもおしゃれですね。

シンプルな単色の他におしゃれな柄物も持つことで、いつもとは違ったワイルドな気分で農作業に取り組むことが出来そうです。


▼株式会社自重堂 【公式サイト】

※メンズ:SS~EL
※8カラー





長袖アンダーレイヤー

ひんやりとしたスキニータイプの男女兼用アンダーウェアで、汗をかきやすい両脇部分はメッシュ素材を使用し、通気性は抜群。吸汗速乾・ストレッチ性があり軽量で動きやすいため、快適に作業ができます。
カラーはなんと11色も展開されています。ポップなカラーが揃っており、着るだけで気分も明るくなれそうです。

人気のカラーはパッと目に付くライトグリーンと爽やかなブルー。その日の気分に合わせてコーディネートできるように、色違いで何色もほしくなりますね。

1枚でも作業着として着用できるスマートなインナーですが、空調服のアンダーウェアとして着用するのもおすすめです。手持ちのTシャツと組み合わせることで、よりオシャレに着こなすことができる上、体系カバーも出来ます。シンプルなカラーインナーなので、柄物のTシャツとの組み合わせも良さそうです。


▼農作業服専門店のらぎや(株式会社エージー企画) 【公式サイト】

※ユニセックス:SS~3L(SS・Sサイズは、ブルー・ネイビー・ブラック・パープル・ライトグリーン・ホワイトのみ)
※11カラー

同じように見えるインナーでも、メーカーやブランドによってデザインやスタイルが異なります。
価格の安さだけではなく、機能性にも着目することで、今よりも涼しく快適に作業ができるようになるかもしれません!それぞれの商品を比較し、自分にぴったりのインナーを見つけてくださいね。

  • ▼関連記事





▼参考サイト

〇【コンプレッションウェアって?着る意味あるの?】機能や効果をご紹介!,作業服の選び方,なんでも揃うユニフォーム専門店 ユニフォームタウン
https://www.l-m.co.jp/

〇夏でもヒンヤリ快適!接触冷感素材の特徴や仕組みを詳しく解説,TECTLI
https://tectli.jp/about-cold-feeling

〇“生地屋”の機能性解説 ~抗菌防臭素材・制菌素材とは?~,繊維のあれこれ,Masuda
https://masuda-tx-ap.co.jp/

〇日本化学繊維協会
https://www.jcfa.gr.jp/

〇日焼け後の肌が眠れないほど痛い、ブツブツになってきた…どうすればいい?,ヒフノコトサイト,田辺三菱製薬
https://hc.mt-pharma.co.jp/hifunokoto/solution/434

〇毎日のケアで清潔感UP!汗とニオイ対策を始めよう,ゆたか倶楽部,DRUGユタカ
https://www.d-yutaka.co.jp/blog/health_and_beauty/1707clean/

〇コンプレッションって本当に必要!? 気になる効果や機能をしらべてみた!,コンプレッション,作業服・現場服,ユニネク
https://www.uniformnext.com/blog/archives/10184

ライタープロフィール

【施設園芸.com編集部】








Facebook




Twitter