コラム

硫安(肥料)の効果的な使い方とは?種類や特徴も徹底解説!

2018.08.17

1.硫安ってよく聞くけれど詳細は・・・

野菜作りをしていると硫安は使ったことは無くとも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。即効性がある?使いづらそう?安くて便利?硫安は賢く使えば安価で即効性の期待できる優れた窒素肥料です。詳細を知って損はありません。

とは言え普段使っている肥料に不満がなければ、わざわざ調べてまで使うのは億劫。なかなか腰を据えて調べようという気にはなれないですよね。そこで今回はサクッと硫安の特徴や効果的な使い方について詳しく紹介していこうと思います。

2.硫安はこう使え!詳細を一挙解説



肥料としての種類

  • ●化学組成による分類

無機質肥料:無機質からなる肥料で一般に化学肥料と呼ばれています。紛らわしいものに化成肥料があり、こちらは肥料取締法の1分類で数種類の肥料を化学的に加工して製造した肥料です。


  • ●肥料取締法による分類

普通肥料、単肥:化学合成された普通肥料に大別され、硫酸アンモニウムという単一成分からなるので単肥に細分されます。


  • ●生理的反応による分類

生理的酸性肥料:肥料成分を植物が吸収した後に酸性の副成分を残す肥料です。硫安の場合は硫酸根(硫酸イオン)が残ります。


  • ●肥効による分類

即効性肥料:施肥後すぐに効果が現れます




特徴

硫酸とアンモニウムが結合した硫酸アンモニウムの結晶から成り、窒素20.5%が成分保証されています。単肥なので施肥設計が容易です。施肥後は土壌に硫酸根が残るので土壌pHの低下に注意が必要です。空気中の湿気を吸収して溶け出すので密閉保管します。価格は20kgで1000円程と比較的安価な肥料です。




効果的な使い方

窒素は植物が最も必要とする肥料成分であり葉や茎の成長に欠かせません。



元肥として使っても良いですが、即効性があるので追肥に使うと効果的です。粒のまま用いるのはもちろん、500倍に希釈して液肥として用いるとさらに即効性が増しますよ。また作物の生育が悪く下葉が黄色っぽくなるような窒素不足のサインが出ている時に使うと生育回復に効果的です。

その反面、使いすぎると根の傷みによる生育の悪化や病虫害の発生を招くので注意しましょう。加えて炭酸カルシウム(石灰)などアルカリ性の肥料と混ざると肥料成分がアンモニアガスとして揮散してしまうので同時に施用しないよう注意しましょう。硫酸根による土壌pHの低下は畑地では十分な石灰施用が行われていることが多いのでそれほど心配ありませんが、施肥量が多く降雨の無い施設栽培では問題となることがあります。硫酸根が気になる場合は事前に炭酸カルシウムのような中和資材を用いるか、硫安の代わりに即効性の窒素肥料で生理的中性肥料の尿素を使うのも1つの手です。

  • ▼詳しくはこちら

3.豆知識 ~医療分野にも使われる硫安~

農業では肥料として大活躍の硫安ですが、医療の分野でも血液から抗体を精製するのに一役買っていることをご存知ですか?詳細は省きますが、塩析という手法で、硫安の飽和水溶液に血液を少しずつ加え、濃度に応じて血液中のタンパク質を沈殿させることで目的の物質を回収しています。硫安以外にも様々な塩が使われていますが、水によく溶け安価な硫安が最もよく使われています。


肥料としては即効性に優れた硫安。野菜の顔を見てちょっと窒素が足りなさそうだなと思った時にはぜひ一度使ってみてください。見る見る大きく成長してくれることと思います。




【参照ウェブサイト】
肥料の農家購入価格情報・無機肥料単価(一般財団法人肥料経済研究所)



ライタープロフィール

【haruchihi】
博士(環境学)を取得しています。
持続可能な農業を目指し、有機質肥料のみを使ったトマトや葉菜類の養液栽培を研究してきました。研究機関やイチゴ農園で働いた後、2児の母として子育てに奮闘する傍ら、家庭菜園で無農薬の野菜作りに親しんでいます。